オルニチンは、アルギニンの分解によって体内で生成されるアミノ酸の1種ですが、しじみやチーズなどに多く含まれています。
オルニチンは、アルギニンと水の反応によって、尿素とオルニチンに変換されるのですが、食品に含まれているオルニチンは、アンモニアのない状態で存在しますから、肝臓に優しい食品と言えます。

日頃、飲み過ぎや脂質を摂り過ぎている方は、肝臓の機能が低下しがちですから、飲酒時には脂質の多いチーズを食べて胃腸の負担を軽減することが大切ですし、二日酔いでなくても朝食時にはしじみの味噌汁などで肝臓の機能を取り戻させると良いでしょう。
おつまみにチーズを食べることで、チーズに含まれているオルニチンの効能によって、飲酒をしながらでも肝臓を守ってくれます。
しじみとチーズにはビタミン類やミネラル成分が含まれていて、遊離アミノ酸であるオルニチンに働きかけることによって、肝臓だけではなく、体内の機能改善を行うのです。

しじみとチーズは、同じ様な栄養素を互いに持ち合わせていますから、効果も強力になります。
だからと言って、お酒の飲み過ぎには気をつけてください。
急性アルコール中毒症状の運動失調や意識障害、そして昏睡状態になったり、呼吸抑制が起こり血圧低下といった状態が生じます。
重症であれば死亡してしまうかも分りません。