折角しじみ料理を作るのですから、オルニチンが豊富なレシピにしたいと思います。
まず、しじみ500g(175個)程度を砂抜きhttp://dc2008.jp/sunanukihouhou.htmlすることから始めます。
大和しじみは汽水域に生息していますので、塩分濃度は1.0%(濃過ぎると砂は出ません)程度にします。
よく洗ったしじみをザルに入れボールの上に置き、塩水をしじみが隠れる程度まで注ぎ、暗くするために上を覆い3時間程度静かな所に置いておきます。

砂抜きの終えたしじみをザルにあげて、冷凍庫で-4度(オルニチンが8倍に増えます)になるまで入れておいてください。
次にフライパンにシジミを入れ、お酒を適量注いでください。
蓋をして数分待つとしじみの酒蒸しができます。
酒煮汁は大切ですから別の容器に入れておいてください。
次にしじみの殻を外します。
外した後は、本しめじ100gを水洗いし水分をよく切ってください。
ここまでオルニチン量は合計680mgです。
しじみと本しめじを鍋に入れ、酒煮汁を入れ、砂糖とみりんを各大さじ2杯で煮て先に糖分を含め煮した後、濃口醤油を大さじ2杯分とキザミ生姜適量を入れて煮詰めてください。
煮汁がなくなる程度になれば完成です。

注意することは食材以外の水分は極力避けることです。
水の代わりにお酒を使用しますが、できれば料理酒ではなく清酒(良質のアミノ酸)が良いと思います。
ご家庭により味覚が異なりますので、味を調整する時は、清酒に醤油・清酒に砂糖と言った組合せで再度煮たててください。